引越し トラック 道路の幅

引越しのトラックと道路の幅

引越し トラック 道幅

 

引越しのトラックは大きいほうが一度にたくさん詰めていいような気がしますが、大きいトラックはそれだけ経費もかかります。
荷物の量がちょうど入り切るくらいの大きさがベストですが、使いたいトラックが絶対に使えるとは限りません。

 

トラックが通るには物件の全面道路の幅が関係するからです。
トラックの大きさと必要な前面道路の幅は以下の通りです。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには全面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックには全面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには全面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには全面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、全面道路4m以上が必要

 

小さなトラックはそれほど問題になりませんが、大きなトラックは使えないことがあります。
その場合は少し離れた場所に停めてリアカーを使って引越しするとか、小さなトラックを数台用意するなどの対策が必要になります。

 

どの方法がベストかは引越し業者との話し合いで決めてくださいね。